「1ギガビット超」で体感速度6倍 韓国で見た5Gの圧倒的な実力

ラグビーワールドカップ(W杯)で展開するプレサービスを皮切りに、日本でも5G時代が到来する。5Gは社会にどんな変化をもたらすのか。特集の第1回は世界に先駆け5Gサービスを始めた韓国から現地リポート。国内でも「視覚を拡張する」「距離を超える」という5Gが開く次世代サービスの姿が見えてきた。

ソウル中央を流れる漢江(ハンガン)に面し、ランドマークとなる大型ホテルの姿が目立つソウル市内の龍山(ヨンサン)区。韓国で携帯電話シェア3位ながら、5Gサービスで攻勢をかけるLGユープラスの本社ビルがここにある。

 1階ロビーには、2019年4月に開始となった5Gサービス展示スペースを設けている。「アイドルとVRでデートができますよ。試してみませんか」。アイドルのほかにも、野球やゴルフの映像配信など、5G関連サービスの楽しさを説明員が話してくれる。それらコンテンツの内容は訪問前に予習済み。5Gの実力に圧倒されたのは、その後だ。

 展示スペース脇の階段から2階に上がると、冷蔵庫ほどの大きさの箱がある。「これは基地局です」。案内してくれた社員は背後の扉を開ける。中には金属ケースで覆われた電源ユニットやアンテナが入っていた。

「速度を測ってみましょう」。この基地局から5メートルほど離れた打ち合わせスペースに座る。社員が持つ5Gスマホで速度テストを実行したところ、驚きの結果がスマホ画面に現れた。毎秒1ギガビット。最近のスマホ無線LAN経由で通信する場合、最大速度は866メガビットとなるものが多い。通信の状況によっては、現状の無線LANにひけをとらないばかりか、より快適に通信できることが、数値で納得できた。

開始2カ月で100万ユーザーを突破

 韓国が世界に先駆けて5Gサービスを開始したのは19年4月。韓国政府の後押しもあり、SKテレコム、KT、LGユープラスの3社がサービス開始に踏み切った。同時期のサービス開始を狙っていた米国よりも早いタイミングだった。「韓国は通信事業者間の競争が激しく、ユーザーの通信品質に対する目も厳しい。だからこそ5G網も素早く展開できた」と、LGユープラス副社長の崔周植(チェ・ジュシク)氏は話す。6月時点で韓国全体の5Gユーザーは100万人を超えたとされ、現在では200万人に達したという見方もある。

 既にLGユープラスはソウル市内のほぼ全域で5Gの屋外エリアを整備した。19年末までには、85都市や地下鉄にもエリアを拡大する。その時期には「あらゆる場所で5Gの利便性を実感できるようになるはずだ」(チェ副社長)として、19年内には韓国の5Gユーザーは約500万人に達するだろうと予測する。韓国の人口は約5200万人。開始から9カ月ほどで5G利用者が人口の約10%弱を占めることになる。

 理想的な環境では毎秒1ギガビットが出た。実際の街中ではどうなのか。従来のLTE(4G)とどのくらい差があるのか。国家間で政治的な衝突が続いているとはいえ、先駆けてサービスを展開した韓国の状況を知ることは、20年に本格化する日本国内の5Gサービスを展望するよい指標となるはずだ。

 19年8月下旬にソウル市内を訪れ、5Gの実力を見る目安として速度テストを実施した。海外旅行のモバイルルーターレンタル「グローバルWiFi」を展開するビジョンと、現地法人ビジョンモバイルコリアの協力を仰ぎ、SKテレコム、KT、LGユープラスの5G端末を借りることでテストをした。

いずれも韓国サムスン電子製のスマートフォンで、通信の速度測定アプリ「BENCHBEE」を実行した。日本人の観光客やビジネスパーソンも訪れることが多いソウル市内の5カ所で測定している。駅前の歩道などスマホを利用するケースが多いと思われる場所を選んだ。

街中でも毎秒400メガビット

 「周囲に障害物がない方が速度が出やすい」(ビジョンモバイルコリア)というアドバイスに従い、まずは芝生の緑がまぶしいソウル広場で測定した。すると、いきなり毎秒400メガビットを超える値が出たので驚いた。

その後、別の場所に移動しながら測定をしたが、速度差はあったものの、どの通信事業者のスマホでも苦もなく5Gで接続できた。画面の上部には電波の状態を示すマークがあり、地下鉄で移動している時には「LTE」という表示だが、地上に上がると、すぐに「5G」へと切り替わる。電波の強さも、大抵の場所では最大の「4本線」が立っていた。

ビジョンモバイルコリアが以前、ソウル市内で同様のテストをした際には、LTEでしか接続できない場所も多かったという。通信事業者間の競争などにより、徐々に5Gの基地局が増え、通信品質が向上しているようだ。

 5カ所の平均を取るとSKテレコムやLGユープラスの平均値では毎秒400メガビットを超えた。場所によっては毎秒700メガビットを超えることもあった。「屋内では通信速度が落ち込む傾向がある」(ビジョンモバイルコリア)という。とはいえ今後、日本でこうした5G網が充実していけば、若い人などでは自宅に固定回線や無線LANルーターがなくても5G回線のみで満足だ、という人が増えそうだ。

f:id:kokoro-sukui:20190902111029p:plain

1.5ギガバイトを50秒でダウンロード

 テストを繰り返していると、時々速度が落ち込むこともあった。スマホ画面上部を見ると、5Gではなく、いつの間にかLTEに切り替わっているのだ。そうしたときには毎秒40~50メガビット程度になっていることが多かった。この傾向から、当面の実効速度で見た場合、5GはLTEに比べて10倍ほどの速度が出ると考えてよさそうだ。

 5Gの性能要件によると、将来5Gの技術や通信環境の整備が進めば、2時間の映画の映像データを3秒でダウンロードできるようになるという。映画1本のデータ容量といえば、圧縮率にもよるが1~2ギガバイトだ。現状ではどのくらいの時間がかかるのか。

 試しに、LGユープラスの5G端末の測定値で毎秒400メガビットが出ていた場所で、1.5ギガバイトのアプリをダウンロードしてみた。途中で通信環境の変化があったのか、ダウンロードの勢いが落ちたこともあり、結果は約50秒。正直、驚くほどではなかったとはいえ、仮に毎秒40メガビットのLTEでダウンロードすれば、5分はかかる計算になる。体感速度で6倍程度にはなる、ということだ。

データ無制限で通信料は約6000円

 5Gは韓国のユーザーに着実に浸透している。「このお店では契約者の3~4割が5Gのプランを選んでいます」と話すのは、ソウル大学にほど近いLGユープラス直営の郊外店で店長を務める洪成旭(ホン・ソンウック)氏だ。5Gのサービス内容をよく知らない顧客もいるが、5G向けに独自コンテンツが充実していることなどを説明すると「それはいいね」と選んでいくケースが多いという。

人気のある料金プランはデータ容量が無制限の「5Gスペシャル」「5Gプレミアム」。2年契約で期間特別料金を適用すると、日本円換算でそれぞれ月額約5850円、約6600円となる。家族や別デバイスとシェアできる50~100ギガバイトのデータ通信も付いてくる。この2つのプランだけで5G加入者の半分を占めているという。

 別途、5Gスマホの料金は、一括購入するか、分割払いで支払う必要はある。端末を分割払いで購入すれば月額1万円を超える。それでも毎秒数100メガビットの速度で無制限で利用できる快適さには、十分に支払う価値がありそうだと感じた。

店頭ではサムスン電子の最新モデル「ギャラクシーノート」の最新モデルに注目が集まっているという。専用ケースを取り付けると画面をデュアル化(2画面)にできる韓国LG電子製の5Gスマホも人気が高い。年末にかけては、高級モデルだけでなく廉価版の5G対応スマホが登場することで、ユーザー層はさらに広がっていくとみられる。

個人情報の利用目的

当ブログでは、メールでのお問い合わせ、メールマガジンへの登録などの際に、名前(ハンドルネーム)、メールアドレス等の個人情報をご登録いただく場合がございます。

これらの個人情報は質問に対する回答や必要な情報を電子メールなどでご連絡する場合に利用させていただくものであり、個人情報をご提供いただく際の目的以外では利用いたしません。


個人情報の第三者への開示

当サイトでは、個人情報は適切に管理し、以下に該当する場合を除いて第三者に開示することはありません。

・本人のご了解がある場合

・法令等への協力のため、開示が必要となる場合

個人情報の開示、訂正、追加、削除、利用停止

ご本人からの個人データの開示、訂正、追加、削除、利用停止のご希望の場合には、ご本人であることを確認させていただいた上、速やかに対応させていただきます。


アクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。

このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。


広告の配信について

当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。

広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。

Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。

第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。


当サイトへのコメントについて

当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。

これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人・瑚心すくいの裁量によって承認せず、削除する事があります。

・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。

・極度にわいせつな内容を含むもの。

・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。

・その他、公序良俗に反し、または管理人・瑚心すくいによって承認すべきでないと認められるもの。


免責事項

当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。

当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。

当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。

当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。